<< 秋支度ないろいろ 夢を見た後は… >>

渡辺マリのミリアム・ハスケルコレクション

渡辺マリのミリアム・ハスケルコレクション
/ 日本出版社
スコア選択:

洋書が続きましたので和書のご紹介。




コスチュームジュエリー好きの方にはもうおなじみですね。


カラー別に分けられ、紹介されているハスケルジュエリー達がぎっしりと(笑)掲載されていて、
大変見応えのある1冊です。

平凡社の“コスチュームジュエリー”が出版されるまでは1冊全てがコスチュームジュエリー、
というのはこの本だけだったと記憶しています。
(今でも“ハスケル”と銘打った和書は本書のみかと…)

巻末の“ミリアム・ハスケルの生涯”も大変興味深く、作品の解説(着けこなし方法?)も楽しめます。

…しいて欠点を挙げるとすれば…惜しむらくは写真のトーンに微妙にムラがあるところでしょうか。
膨大な点数が掲載されていますので、おそらく写真の撮影から出版されるまでに時間が
かかったのでは?と(あくまでも私個人的に)推測しています。

とはいえ、洋書で???と思われるような写真が平然と掲載されていることを思えば、
まったく遜色はない、やはり和書のレベルは高い!とさえ思えます。

なによりこれだけの点数(…と日本語の解説)を1冊で楽しめることを考えれば、
手元において後悔はない1冊と思います。


数年前ですが、著者の渡辺マリさんのお店にお邪魔し、コレクションを拝見する機会がありました。
本書に掲載されているアクセサリーの実物を拝見し、その繊細さに驚いた記憶があります。
本当に素敵なアクセサリーがぎっしりつまった宝石箱のようなお店でした♪
[PR]
by a-applause | 2007-09-25 23:14 | 本棚から
<< 秋支度ないろいろ 夢を見た後は… >>