<< 宙の王子に拝謁! 充実の1冊 >>

端正な1冊

The Jewels of Miriam Haskell
Deanna Farneti Cera / / Antique Collectors Club Ltd
スコア選択: ★★★★★


まず、美しい装丁に惹きつけられます。








こちらは本当に美しく撮られた写真と詳細な解説
(…と思います。拾い読み?拾い見?した印象・笑)が印象的な一冊です。

私が購入したのはだいぶ前(4~5年前?)なのですが、和洋書問わず、
今でも一番気に入っている本です。

無論ハスケルのジュエリーブックですから、なかには“Miriam Haskell Jewelry”と
同じ作品も掲載されているのですが、同じ作品でも本書は写真館でのポートレイト、
“Miriam Haskell Jewelry”はデジカメで瞬間を捉えたような印象です。

イメージとして本書は解説も付いているビジュアル写真集、
“Miriam Haskell Jewelry”は記録性も重視した実用書、といった感じでしょうか…。

これはあくまでも2点を比較しての感想ですので、“Miriam Haskell Jewelry”が
ビジュアル洋書として不満足と言う訳ではありません。念のため。

…ただ…この本…今は絶版?なのでしょうか??
かなり高額になっているようですね。。。。。。

そこまでの価値があるかどうかは主観的な問題ですのでなんともいいかねますが、
美しい本であることは間違ありません。

が、まずはMiriam Haskell Jewelry”から入手された方がよいかもしれません。。。。
[PR]
by a-applause | 2007-09-21 20:38 | 本棚から
<< 宙の王子に拝謁! 充実の1冊 >>