<< 夜の湖 今年もよろしくお願いいたします >>

2009年・始動!


a0106991_22135249.jpg


今年最初の東宝へ行ってきました!
(やや辛口かもしれません~。未見の方はご注意)



『夢の浮橋』は宇治十帖がベースの物語…ではありますが…原作を知らないとちょっと難しいかな~。

私はかつて『あさきゆめみし』と田辺聖子さんの『霧ふかき宇治の恋』を読みましたので、ストーリーは理解できましたが、まっさらな状態でご覧になった方は人間関係を覚えるだけで終わってしまいそうな気がします^^;

正直“お芝居”としては…???なカンジが否めませんが、アサコちゃんの“セクシー匂宮様鑑賞会”
と思えば、それはそれで楽しいシーンが満載でございました(笑)


新春の昼公演からこんなに濃厚なシーン満載でいいのかしらん?と要らぬ心配をしてしまうほど
(“洋”のラブシーンよりも“和”にエロスを感じてしまうのは自分が歳をとった証なのでしょうか…^^;)
“オペラ手放せず”なシーンが多くて忙しい~。

年明け早々“清く”ない感想で恐縮ですが、あんな素敵な宮様なら、私だって傀儡られた~い!
手に手をとられ(ついでにペンチも握ってもらって・笑)、苦手なワイヤーワークなんて教えて頂きたいものです~。
(←同じ妄想ならもっとロマンティックなシチュエーションを思えば良いのに…意味不明~^^;)

霧の薫君も苦悩するお姿が素敵でしたが、この脚本ではちょっと“イヤなヒト”に見えて残念!
思慮深く、相手を思いやるが故に踏み込めない…秘めた思いや切なさを語らせる描き方なら、
もっと深みがでたと思うのですが…。

『あさきゆめみし』のイメージからか、私の中では勝手に華やかな色好みの宮=霧ちゃん、出生の秘密に
苦悩する公達=あさちゃんだったので、最初にこの配役を知ったときは驚きましたがこの描き方なら、
やはり宮様が主役なのね~、とそこは納得。



ただ…浮舟さん^^;

今が盛りのお二方の官能的なオーラも、受け止める娘役さんがしっかりしていないともったいない!!
(コレ以上の表現は自粛しておきます…)



ショーは楽しかったですね~。
久々に『月組で』『ショーを観た!』というカンジがしました^^

幕開きのあさこちゃんは???ですが(個人的には“初笑い”ありがとう!)後は素敵なシーンの満載でした。
私は2階・最前列の中央に座ってましたので、幕開きのシーンはあさこちゃんとしっかり目が合いましたよぅ…
できればこの衣装?装置?じゃないときのあさこちゃんの視線を頂きたかったです(笑)

あのマントが外された後のお衣装は本当に素敵なのですが…^^:

ショーは城咲さんがヒロイン格。

正直なところ、私はこの方に特別な思い入れはないのですが…これだけ3拍子揃ってできる方なら、
素直に昇格ではいけなかったのかな?と思ってしまいました(多分人事異動があるのでしょうけど)。

学年からいってできて当たり前なのかもしれませんが…。
お芝居で浮舟さんの“おぼつかなし”な演技(…なのか、地なのか・笑)がかなり心配だったので…
ちなみに…お芝居でもショーでも…一番美(少)女なのは…明日海りおさんかと…^^;

全般的にあさこちゃんの為のショーという印象なので、あさこちゃん好きな方は何度でも楽しめそうです。
(…ヒトゴトみたいに言ってますが、私もあさこちゃん好きなのでとっても楽しめました・笑)


***************************************


突然ですが、思うところあってランキングに参加してみました。



“ショー冒頭のあさこちゃんのイヤリングを作りたい!”という、超マニアックな願望を抱いている私を、
クリックで応援して下さったら嬉しいです(笑)

どうぞよろしくお願い致します!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズ細工へ


にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
by a-applause | 2009-01-04 23:24 | 感激☆観劇
<< 夜の湖 今年もよろしくお願いいたします >>